jp
frenesitptdeplnlru

WaalaxyとPipedriveを同期する方法(Zapier)

show table of contents

WaalaxyとPipedriveの同期方法をご紹介します。Pipedriveは、見込み客獲得戦略の一環として、案件を簡単に追跡したり、再起動したりできる有名なツールです。

このガイドは、Waalaxyのプロスペクトキャンペーンから取得したデータをPipedriveに自動的に入力できるようにするためのものです。

Zapierとは何ですか?

Zapier は、ザップと呼ばれるワークフローを介して、アプリケーション同士を同期させることができるツールです。言い換えれば、膨大な時間を節約できるツールです。

Pipedriveとは何ですか?

Pipedriveは、セールスパーソン専用のプラットフォームで、セールスパーソンによってデザインされています❤️🔥。彼らのミッションはシンプルで、ユーザーの営業プロセスを可視化し、生産性を向上させる顧客関係管理ツールを開発することです。

Pipedriveとの同期を設定するには?

1.最初のZapを作成します。WaalaxyとGoogle Sheetsを同期させる

WaalaxyとPipedriveのデータを同期させるためには、2つの異なるZapが必要です。ですから、この記事に詳しく書かれている手順を踏んでいただきたいのですが、この後、ここでお会いしましょう。

1.2つ目のZapの作成 : GG.Sheetsの新しい行をそれぞれPipedriveに同期させる

1.1 “Google Sheetsの新しいスプレッドシートの行 “

を作成する
トリガー

  • 開始トリガとして “Google Sheets “を選択
  • イベントトリガーは “New Spreadsheet Row “とします。
  • アカウントの接続
  • スプレッドシートとワークシートの選択

当然のことながら、1つ目のザップと同じGoogle Sheet を記入する必要があります。

  • トリガーをテストする🚀。

1.2 “Create Person in Pipedrive “

を作成します。
トリガー

  • 小さな “+”で “Pipedrive “を検索し、選択します。
  • アクションイベントで “Create Person “を選択します。
  • Pipedriveのアカウントを接続します
  • Action Set-up “では、以下の項目を入力してください。

Pipedrive上で管理するためのフィールドを入力する可能性がありますが、それはフィールドの場合です。オーナー、組織、ラベル、表示対象。

  • 続いて、”Continue “をクリックすると、アクションが自動的にテストされます。
  • 次に “Turn on Zap “をクリックして、あなたのZapを有効にします。

1.3 Pipedriveでの表示

Pipedriveのアカウントにアクセスし、データのアップロードがうまくいったことを確認します。

  • 左側のメニューから「連絡先」をクリックし、「人」を見出します。

仕掛けは完了です!👀これで、WaalaxyをPipeDriveに同期する方法(Zapier)がわかりました。

5/5 (234 votes)

Convert more leads into clients with these 7 secret B2B prospecting messages 🚀

Enter your first name and email address  to receive the 11 page digital book now:

Where do we have to send it now?