ja
frenesitptdeplnlruid

B2Bリードジェネレーション戦略【統計調査】のご紹介

show table of contents

昨年、私たちはProspectInを使用して、LinkedInでのB2Bリードジェネレーション戦略を改善するための最適化テクニックを調べましたそして、私たちはその結果に失望することはありませんでした🧐

今年、私たちは新しいプロスペクトツールであるWaalaxyを使用して、キャンペーンを再現してみました。🌌

LinkedInはB2Bのリードの80%を生み出していることをご存知ですか?そのため、2022年についてもこの調査を行いました。もっと詳しく知りたい方は、プロスペクティングガイドをご覧ください。

合格率が高いのはどの職種か?コネクションノートは長い方がいいのか、短い方がいいのか?あるいは、メモを送る必要はあるのでしょうか?フォローアップメッセージはした方がいいのか?🤷

すべての答えをここで見つけてください。👇

なぜLinkedInのB2Bリードジェネレーションを最適化するのか?

一般的にプロスペクトをしていると、潜在顧客に関するデータ、フォローアップメッセージに関するデータなど、たくさんのデータを扱うことになり、少し圧倒されてしまいますよね。

busy Spongebob GIF

自動化ソフトウェアを使用することで、何百、何千もの見込み客に対して同時にリードジェネレー ションキャンペーンを行うことができます。💪

どのメッセージやアプローチがターゲットに最も効果的かを確認するために、ここで使っているようなA/Bテストのようなテクニックを使うことができるのです。🎯

ダッシュボードで簡単に結果を分析することができ、パフォーマンス指標を、週ごと、月ごとに比較して、改善を確認し、必要な調整を行うことができます。

さらに、見込み客の適格なデータベースを使用することができ、重複を避けるために、一緒に働いている営業チームと共有することもできます。また、アクションの履歴を確認することで、同じ内容で何度も見込み客にコンタクトすることを避けることができます。

これってすごいことだと思いませんか?🤩

Find out more 🔥です。

LinkedInでB2Bリードジェネレーションをする方法とは?

この素晴らしい記事で説明されているように、まずはLinkedInのプロフィールを最適化することが大切ですね⚡️

perfect Nick Jonas GIF

LinkedInでの見込み客を最適化するには、いくつかの方法があります。あなたのプロフィールは、見込み客があなたについて目にする最初のものであることを心に留めておいてください。プロフィールはランディングページと同じだと考えて、見込み客の注意を引くようにしましょう。 👀

最適化されたLinkedInのプロフィールのクイックビューはこちらです。

  • 更新されたバナーを持っています。
  • プロフェッショナルなプロフィール写真。
  • そして、キャッチーな職種名。

banniere LinkedIn

これが終われば、本題に入ることができます。🤓

最適化というと、統計的に測定できる要素もありますが、測定できない要素もあります。

例えば、接続要求の内容が成功かどうかは評価できません。しかし、LinkedInでコネクションリクエストの承諾率を確認することで、メッセージの大きさ、相手の影響力などを測定することはできます。💯

アウトリーチメッセージはそれぞれ異なるので、コピーライティングの質を定量的に測定することは不可能です。せいぜいフォローアップメッセージのような、最も効果的なパターンを研究することができる程度だ。👌

調査結果:LinkedInのコネクションメッセージ

この研究は、Waalaxyアプリを使った自動化を用いて、LinkedInのリードジェネレーション戦略がどのように機能するかを示すために実施されたものです。👽

実際、とても簡単でした🙌

まず、6つのアカウントで300人の見込み客をエクスポートし、合計1800人のプロフィールをLinkedInの様々な検索から CRMにエクスポートしました。そこから、3つのグループに分けるために、タグ付けすることができました。

  • 100件は、「長いメモ」(300文字)+「お礼」メッセージ付きのリクエスト送信としてタグ付けされました。
  • 100件が「短いメモ」(150文字未満)付きの送信依頼としてタグ付けされました。
  • 100件は、メモなしの送信依頼としてタグ付けされました。

このステップは、メッセージを可能な限りパーソナライズするために重要でした。💌

1.どの職種がLinkedInでより多く変身するのか?

仮説

LinkedInでリードを生成するために、人々があなたの姓名の後に見る最初の要素の1つは、あなたの「肩書き」、つまりあなたの職位です。🧐

job title LinkedIn profile

したがって、役職が個人のプロスペクティング・パフォーマンスに影響を及ぼすと考えるのは正しいようです。コネクションノートの受理率も、フォローアップメッセージの返信率も。

以上が、今回分析した肩書きです。

  • “ディレクター”,
  • “ファウンダー”
  • “SEOコピーライター”
  • “ビジネスデベロッパー”
  • “セールス”
  • “CEO “である。

そこで、LinkedInで人気のある6つの職種を分析し、どのプロフィールがより良いパフォーマンスを示すかを調べました。💪

コネクションリクエストの平均承諾率です。

  • “ディレクター “30.33%。
  • “ファウンダー” 30%,
  • “SEOコピーライター” 40.33%,
  • “Business Developer” 44.33%,
  • “営業” 52%,
  • “CEO “32%となっています。

この場合、Director、Founder、CEOのプロフィールよりも、Salesのプロフィールの方がより多く受け入れられているようです。👀

プロファイルの比較

実際、コネクションリクエストの一般的な承諾率は38%ですが、平均を上回るプロフィールと下回るプロフィールがあります。😬

したがって、「CEO」「Founder」「Director」のプロフィールは平均以下、「Sales」「Business Developer」「SEO copywriter」のプロフィールは平均以上となります。

LinkedInでのB2Bリードジェネレーション:結論

具体的には、シナリオ「ネプチューン」(ex「ブレイキング・バッド」):「接続要求」+「メッセージ」によるプロスペクトシナリオでのメッセージ応答率を見てみました。

lead generation funnel

これは、LinkedInでつながっていないときに、新しいリードを 持つ見込み客のシナリオで期待できる応答数を表しています。🤝

さらに、異なるパフォーマンスを測定するために、「承諾率」と「応答率」という2つのパフォーマンス指標を用意しています。ユースケースによって、この2つの指標を使い分ける必要があります。

例えば、リードジェンに特化せず、LinkedInでソーシャルネットワークを拡大し、多くのコネクションを持つことが目的であれば、コネクションリクエストの承諾率が気になる指標になりますね。

この場合、「セールス」プロファイルが最もパフォーマンスが高いプロファイルになります。😄

もしあなたがリード獲得のために、すでにつながっているであろう人たちにLinkedInキャンペーンを行い、応答率を高めたいのであれば、この指標に注目する必要があるでしょう。

この場合、「SEOコピーライター」のプロフィールのような中立的なプロフィールが最も効率的でしょう。😎

最後に、ワオラクシーの「ネプテューヌ」のようなシナリオでマーケティングキャンペーンを行い、コンバージョン率を最大化したい場合は、「ビジネスデベロッパー」のプロフィールが最も適していると言えるでしょう。

LinkedInの制限事項

あなたはこう思うかもしれません。「見込み客を増やすには、肩書きを変えればいいんだ。承諾率を最大化したいときはセールスという肩書きを使い、メッセージで見込み客をコンバージョンさせたいときはプロフィールをビジネスデベロッパーに変えよう!”と。🤔

しかし、注意してほしいのは、確かに自分のネットワークに「CEO」のプロフィールがあると、とても魅力的に見えますが、単純に「Sales」のプロフィールの方がメッセージの質が高く、より多くのコンバージョンが得られる可能性があるということです。

LinkedInの職種を変えるだけでは、コンバージョン率を上げることはできません。高品質のメッセージと価値あるコンテンツをリードに送る必要があります。残念ながら、それは数値化しにくいものなので、あなたの「力」の使い方次第です!ハハ。😇

yoda powers GIF

2.LinkedInで最も反応率が高いコネクションメッセージのサイズとは?

仮説

あなたは、接続するために長いメッセージと短いメッセージのどちらを送るべきかと自問しているかもしれません?さて、私たちはあなたのための答えを見つけました。👌

人間の脳は、メッセージを見た瞬間に、そのメッセージが退屈なものかどうかを判断することができます。同様に、あなたの見込み客は長いメッセージを読む時間がありません。長いメッセージを見た瞬間に、すぐに敬遠してしまうのです。😴

だからこそ、短いメッセージは長いメッセージに比べて、承諾率を向上させることができると想定されます。💥

販売や説得をする場合、読みにくい1000文字のブロックよりも、明確な行動喚起を伴う短くてインパクトのあるメッセージの方が効果的です。

しかし、今、私たちはそれを証明する数字を手に入れました。その結果は、取り返しのつかないものです。😮

結果

2つの接続メッセージの平均受理率を分析しました。

  • 150文字以下のノート 38.66%,
  • 300文字以上のノート 31.66%.

各プロファイルの注釈付き平均受理率(低い方から高い方):📈。

  • “ファウンダー” 25%,

acceptance lead gen

  • 「取締役」 26%,

acceptance lead gen

  • “CEO “31%。

acceptance rate lead gen

  • “SEOコピーライター” 37.5%,

acceptance lead gen

  • “ビジネスデベロッパー “41.5

acceptance rate

  • “営業 “50%。

acceptance lead gen

    まとめ

    150文字以下のコネクションメッセージは、300文字のメッセージよりも反応率が+7%高いというのは、まさにHUGE!🤯

    結論は取り消し不能です。メッセージの受容率を最大化したいのであれば、短くすることです。プロスペクトメッセージを、半分にカットしてみましょう。👏

    300文字なんて大したことない、信じてくれ。要点をつかまなければならない。フック。価値提案。行 動への呼びかけ。🔥

    3.LinkedInの招待状リクエストは、メモ付きとメモなしで送るべき?

    仮説

    1年弱前、私たちはこの調査で、LinkedInでの接続リクエストの承諾率を最大化したい場合、メモなしで招待リクエストを送る方が良いことを説明しました。

    この研究の結果は、直感に反するように思えました。確かに、パーソナライズされたメモを送れば、承諾率が最適化されるはずです。🤨

    この研究は、1,800件のコネクションリクエストに基づいています。

    結果

    結果は、1年前の調査と同じ方向に進みました。もし、接続要求の承諾率を最大化することが目的であれば、メモなしで接続要求を送る方がよいでしょう。😅

    • メモなしコネクションリクエストの平均承諾率:44%。
    • メモがあるコネクションリクエストの平均承諾率:35%。

    各プロファイルのメモなし接続の承諾率(低い方から高い方):📈←クリック

    • “CEO “34%。

    acceptance rate lead

      • “ディレクター” 39%,

      acceptance lead

      • “ファウンダー” 40%,

      acceptance rate lead

      • “SEOコピーライター” 46%,

      acceptance lead

      • “ビジネスデベロッパー “50%。

      acceptance lead gen

      • 「セールス」56%でした。

      acceptance lead gen

      結論と制限

      接続要求の承諾率だけを最大化したい場合は、メモなしで接続要求を送るのがベストのようで、結果は承諾率が+9%アップしたそうです。👍

      しかし、プロスペクトに関しては、この結果を違った角度から読み解く価値があるかもしれません。というのも、コネクションノートからオファーやサービスの提示を選択した場合、確かに承諾率は下がりますが、招待を受けた人は、プロスペクトメッセージを受け取ったときに、あなたのオファーに興味を持つ可能性があるからです。✍️

      また、メモがない接続依頼に比べてメモがある接続依頼の承諾率が低いのは、見込み客メッセージと一緒に接続依頼を受け取った人は、後で見込み客になることを恐れて依頼を承諾しないことを好むからと考えられます。🤐

      商品・サービスの宣伝を目的とせず、承諾率を最適化するようなメモ付き接続リクエストは、メモなし接続リクエストよりも承諾率が高くなる可能性がある。

      まとめとして

      今回は、LinkedInでのプロスペクトを最適化することが重要な理由について見てきました。LinkedInのメッセージと招待状リクエストに関するさまざまな統計から、プロスペクトの結果を最大化するための結論を導き出すことができることを確認しました。⚡️

      • あるプロファイルは他のプロファイルよりもよく変換されますが、ユースケースによって異なるプロファイルであることがわかりました。
      • 150文字以下の短いメッセージは、長いメッセージよりも有意に良いパフォーマンスを示します。
      • 望ましい応答率と合理的な見込み客開拓の健全なバランスを保つために、フォローアップメッセージは1回に限定することが望ましい。
      • あなたが受け入れられる可能性を最大化するために、メモなしで招待の要求を送信することが最善です。

      この記事がお役に立てれば幸いです。🤗 これらは統計データであり、個々のケースは異なる可能性があることをお忘れなく!

      Discover Waalaxy 🪐です。

      B2Bリードジェネレーションの戦略についてもっと議論するために、LinkedInで私に気軽に手を差し伸べてください、私はあなたのものを聞くのが大好きです! 😉。

      FAQ B2Bリードジェネレーション戦略

      B2Bリードジェネレーションを自動化するにはどうしたらいいですか?

      もちろん、マルチチャネル・ツールのWaalaxyを使うのが一番です。💫

      ProspectInやWaalaxyの成功は、LinkedInやメールなどの他のチャネルでのプロスペクトを自動化するために私たちのツールを使用したことにあります。🔥

      LinkedInでシーケンスを作成したり、マーケティング戦略をサポートするEメールを追加したりと、非常に簡単なステップでB2Bの営業戦略を自動化することが可能です。WaalaxyCRMは、私たちの日々のノルマを尊重し、他の自動化ツールを同時に使用しなければ、完全に安全です。😋

      Waalaxy は、 LinkedIn 上のプロスペクトを自動化することが可能です。特に キャンペーン機能のおかげです。この機能は、プロフィール訪問、プロフィールフォロー、コネクションリクエスト、メッセージなどの一連のアクションを送信するために使用されます。

      dashboard waalaxy

      そのため、LinkedInのシナリオとドリップメールキャンペーンを組み合わせることで、見込み客とさまざまなコンテンツを共有することができます。LinkedInでのやりとりは短めにし、主に見込み客と直接話し合うようにしましょう。🤓

      一方、Eメールを使用すると、ニュースレターや詳細なPDFカタログ、提案書など、より複雑な情報を送信してマーケティングファネルを補完することができます。

      できるだけ多くのチャンネルをカバーし、より多くのコンバージョンを獲得することが重要です。💯

      B2Bリードジェネレーションの5つのベスト戦略

      ここでは、私たちのために働くことが証明されている5つの戦略です。

      プラス5つの追加ヒント。

      • 前年度に有効だった戦略を再利用する。
      • コミュニケーションには、常にパーソナライゼーションを用いる。
      • SEO対策を行い、コンバージョン率を最適化する。
      • 時間がかかりすぎるものは常に自動化する。
      • UX最適化で、ウェブサイトを強化する。

      これらは、わっぴーが使っているリードジェネレーションのテクニックのほんの一部です。そこで、私たちはその知識を皆さんと共有しようと考えたのです!💙

      2021年のb2bリードジェネレーション戦略について、また、プロセスに簡単な最適化を用いることで、LinkedInでのリーチを向上させる方法について、ご理解いただけたと思います。 👌

      5/5 (250 votes)

      Convert more leads into clients with these 7 secret B2B prospecting messages 🚀

      Enter your first name and email address  to receive the 11 page digital book now:

      Where do we have to send it now?