ja
frenesitptdeplnlruid

キラーメールの件名の書き方とは?

show table of contents
メールマーケティングの表現である「配信性」は、開封率

90%以上を達成するために必要な作業の半分を占めています。残りはメールの件名の選択です。

この記事を読むことで、あなたは

  • コンバージョンにつながる良い件名で効果的なメールを作成する。
  • 開封率を上げるために、メールのクリック率を上げる。
  • キャッチーなメールの件名と見出しを書く。
  • 優れたメールマーケティングキャンペーンを展開する。
  • より多くの購読者を獲得する。
正しいレシピがなければ、どんなに優れたメールを

配信しても、読者の十分な関心が得られず、忘却の彼方に消えてしまう可能性が高いのです…。

この記事では、キャンペーンに最適な件名を見つけるための秘訣をご紹介します。😎
この記事はScaleziaとの提携により書かれたものです。Scaleziaは、スタートアップやスケールアップだけでなく、中小企業が持続的な成長を実現するために最新の成長手法を導入し、そのスキルを内製化して、長期的に企業を自律させるための支援を行っています。

また、買収だけでなく、コンテンツ制作や製品市場適合性調査など、ビジネスを成長させるために重要なトピックを網羅した膨大なコンテンツを無料で提供しています。コースにアクセスするには、ここをクリックして

ください(後悔はさせません)。

1.メール件名の性質と機能

実際に文章を書く作業を始める前に、件名が果たす役割を理解する必要があります。そして、メールの件名に関する誤解は尽きないといっても過言ではないでしょう。
件名はコンバージョンを生むためのものではありません。
購買意欲を喚起するものでもない。
あなたのブランドやWebサイトの知名度を上げるためでもありません。
実際、マーケティングに特化した構成とトーンで書かれたものほど、効果の低いものはありません。
では、少しばかりブレーンストーミングをしてみましょう。
  1. まず、最近開いた10通のメールを思い出してみてください。物理的な人(同僚、親戚、パートナー)が送ったメールと、法的な人(ニュースレターやその他の取引に関するメールによる企業)が送ったメールの割合はどうでしょうか。
  2. 個人から届いたメールの件名はどのようなものでしたか?
この比率は後者に非常に強く、これらのメールの件名は、簡潔さ、抽象度、非公式さを兼ね備えている可能性が高いです。これらの点については、後ほどまたご紹介します。
あなたがこれらのメールを開いた理由は2つあります。まず、企業ではなく、個人から送られてきたということ。マーケティングや広告に常に過剰にさらされる時代にあって、あなたは商業的な勧誘を選別し、あるいは無視するための保護フィルターを発達させてきたのです。
次に、短くて抽象的な件名が、メールを開いて内容を読んでみようと思わせる。この象徴的な「フォローアップ」の裏側には、どんな重要な情報が隠されているのでしょうか。

このように、件名は好奇心を刺激して開封を促すという、まさに機能(そして何よりも、唯一無二の機能)なのです。

2.メールの件名に関する心理と認知

私たちの脳は長い年月をかけて、受信したメールを最小限の情報に基づいて素早く分析し、フィルタリングできるフィルターを構築してきました。したがって、件名と送信者を読むだけで、その内容の 緊急度や

優先度を判断することができるのです。👽
その結果、件名がメールを3つの心の「フォルダ」に分類することができるのです。

1.何ももたらさないし、それ以上にコストがかかる汚染メール

2.緊急でないメール:「時間があるときに」後で相談する(つまり90%のケースで相談することはない)。

3.緊急メール:重要な情報を見逃さないために、すぐに参照する必要がある。

3番目の選択肢に入ることが重要です。そのためには、相手のメールに対する考え方に共感することが必要です。プロフェッショナルは皆、自分の受信箱を

チェックする。
理由はただ一つ、目の前の仕事に役立つ情報を得るためです。同僚と連携してより効率的に仕事をするため、社内で価値を発揮できる新しい機会を見出すため、あるいは防げたはずの潜在的な問題を避けるために(つまり上司やチームから叩かれないために)緊急に対処しなければならない重要な情報を知るためなど、理由はさまざまです。👌

このように、メール1通に対して、受信者は次のような問いかけで意思決定を司ることになります。「このメールは、私の仕事に役立ちそうですか?このメールには、私の目標達成に役立つことが書かれているか、それとも、すぐに読まないと損をするような情報か?”.
はい、そしてそのメールは読まれるでしょう。いいえ、そうでなければ、そのメールは良くて無視され、悪ければ削除されるか、スパムとしてマークされるでしょう。
重要なのは、緊急性または機会を示唆する件名を作成することです。ここで重要なのは、「示唆」という考え方です。健全な関係と高い対人信頼性を確立するために、不安を煽るようなモノや

その他の偽りの約束は何としても避けたいところです。受け手の想像力に任せるために、対象物の抽象性を利用することです。

このように、モノを生み出すという

ことは、偶然の産物ではなく、聴き手の願望や行動を振り返った結果なのです。特に、相手の恐怖心や願望をうまく利用した知的な演出は、興味を持ってメールを開き、読んでもらうのに効果的です。ただし、やりすぎには注意が必要です。例えば、「緊急」のような露骨な件名は、読者に理解しやすい迷惑をかける可能性があるので避けましょう。

3.編集の主なコンセプト

ここでの目的は、売り込むことでも、納得させることでも、説得することでもない。メールの内容(開封後)、補足資料の質、そしてあなたのマーケティングスキルの方がよっぽどこれを達成する可能性が高いのです。
なぜこのようなことをしたいのですか?
この質問に答えるために、あなたは数行を使ってコピーライティングをすることになります。これは、販売、登録、寄付など、より高度な関係につながる特定のアクションを行うよう、読者を誘うための文章術のことです。この学問は、豊かであると同時に複雑であり、多くの心理的メカニズムとフレームワークとも呼ばれるライティングモデルによって支配されています。
最もよく使われる(そして最も効果的な)フレームワークの中で、最も有名なのはAIDAであり、これは以下のような要素を順次並べていくことで構成されている。
  • A:読者の注意を 引き、現在の活動を中断してコンテンツの続きを読む気にさせる。
  • I:具体的な問題を提起することで関心を持た せ、読者ができるだけ関心を持ち、感情移入できるようにする。「何が問題になっているのか?「という問いに答えるようにします。
  • D: 描かれた問題に対する解決策を提案することで、読者に問題を解決したいと 思わせる – 質問。”How can I solve this problem in a safe/ profitable/ fast/effective/healthy way?” 「どうすれば、この問題を安全な方法で解決できるか?”.
  • A: 最後に、読者に、当該解決策を得るための具体的なActionを 実行するように誘う – question:質問:「提示された解決策を素早く手に入れるには、何をすればよいですか?「注目。興味。欲望。行動。この順番で。説得力のある文章の大半に見られる、非常に効果的な公式です。
つまり、メールの件名は、受信者の注意を引き、受信箱のスクロールを中断してメッセージの続きを読んでもらうこと以外に、何の役割もないのです。

4.開封されるメール件名を書く

しかし、それにしても、なぜ、短くて抽象的でマーケティングっぽくない件名

(サブジェクトタイトル)が好まれるのでしょうか?

単純に、チャネルが適応していないからです。
古典的なメールボックスは

、主に3つのタイプのコンテンツで構成されています。

  1. 勧誘型マーケティングメール(ニュースレター、取引用メールなど):受信者が受け取ることを期待し、送信者を知っているメールです。
  2. 未承諾のマーケティングメールは、一般的にはほとんど影響を与えず、しばしばスパムとして処理されることがあります。
  3. 個人間でやりとりされるメールは、相手が時間をかけて私たちだけにメールを書いてくれたという実感があります。
この最後のカテゴリーにこそ、自分の居場所を求めているのです。そして、よく見ると、これらは通常、再び短い、抽象的で非公式なオブジェクトによって紹介されています。
過去数年にわたり、何千ものオブジェクトをテストしてきましたが、私たちの側で最も効果的だったのは、(さまざまなペルソナや業界にわたって)以下のものです。
  • メール1:「はじめまして。
  • メール2:「Re: 質問です。
  • メール3:「フォローアップ
  • メール4: 「(件名なし)」。
それぞれ平均して70%の開封を発生させる。したがって、キャンペーンの

規模が大きくなれば、配信性が最適であれば、80%、あるいは90%の開封を達成することはほぼ必然です。ご覧の通り、上記のオブジェクトは何の約束もしていません。インタラクションの内と外を過剰に売り込むことほど、有害な行為はありません。視聴者を誤解させ、せっかく築いた信頼関係を台無しにしてしまう「クリックベイト」コンテンツは、絶対に避けましょう。

可能性は無限であり、オーディエンスとコンタクトのコンテキストに適合したオブジェクトを見つけることが重要です。たとえば、連絡先のWebサイトについて連絡する場合、「サイト{会社}」、「質問{ドメイン}」または単に「サイト」などのオブジェクトをテストすることができます。同じ考えで、価値の高いビデオの共有からなるリマインダーを

送る場合、単純に「ビデオ」を使うことができます。

これらの選択は、時間に制約のある個人がメールを導入する方法を模倣しています:スピード、シンプルさ、そして興味のなさです。「(件名なし)」は、極端な例です。

このように、目的は2つあります。一方は、受信者の好奇心を喚起し、メッセージを開いて読んでもらうことです。一方では、コンバージョンにつながる可能性の高い対人関係の基礎を築こうとするものです。注意を引きつけること、喚起することが、私たちの考えることの核心です。PS.インスピレーションが湧かない?ご心配なく:少なくとも70%の募集を得ることができる主題タイトルのリストを用意しました。こちらを クリックしてアクセスしてください。🌳

5.メールの件名をテストする

とはいえ、皆さんもよくご存知のように、マーケティングはニュアンスもなくコピーされた手法にはあまりなじまないものです。自分なりの件名、つまり視聴 者の心に響く、最高の結果をもたらす件名を見つけることが非常に重要です。そのためには、たくさんのアイテムをテストするのが一番です。以下は、弊社が実施したキャンペーンの例です。
    • 電子メール1 – A:イントロ –Linkedin / B:フリーランスの質問.
  • 電子メール2 – A:Re:質問/ B:フォローアップ。
  • 電子メール3 – A:リンク/ B:情報。
  • メール4 – A:(件名なし)/ B:’(。
同じキャンペーンが4回重複していました。1キャンペーンあたり8つのオブジェクトで、32種類ものオブジェクトをテストすることができ、各ステージで最も効果的なオブジェクトを素早く見つけることができました。次のステップでは、最もパフォーマンスの高いアイテムを コンパイルして、最高の開封率を保証するスーパーキャンペーンを作成することになります。
しかし、注意しなければならないのは、開封率だけを見るという間違いを犯さないことです。レスポンス率も考慮に入れることが肝要です。実際、開封率が高くても、レスポンス率にマイナスの影響を与えることがあります。したがって、両方のケースで高いレートを保証するオブジェクトを選択するようにします。
これでメールの件名の書き方がわかりましたね。🚀
4.8/5 (189 votes)

Convert more leads into clients with these 7 secret B2B prospecting messages 🚀

Enter your first name and email address  to receive the 11 page digital book now:

Where do we have to send it now?